カード 審査 通らないについて

カード 審査が通らない例をいくつかご紹介します。

まずは、申込み書の記入が適当すぎて、いい加減な場合です。

クレジットカードの審査を行う側からすれば、空欄が多かったり、内容が適当であったりすると、ちゃんとした評価が付けられません。

評価が付けられないという方は、審査が通らないといった理屈です。

特に、申込み者本人がいい加減でいいやと思ってなくても、うっかり誤字や脱字があると、NGとなってしまうケースもあります。

また、カードの審査が通らない例として、年収・勤続年数・居住年数の3つが重要となってきます。

この3つの基準は、会社によって異なりますが、基本的にはこの3つの基準をクリアしなければ、審査は通りません。

2つがすごく良くても1つがNGであれば通らないといった仕組みです。

次に多重債務者や、支払いを遅延している人なども審査は通りません。

このような事例に当てはまると、カードの審査は通らないことが多いでしょう。

申し込む際は、まずはしっかりとした情報を明記するとともに、自分の状況をよく把握してから申込みましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ